​遺産相続について

 亡くなられたときに遺言書がなければ,残された者は,亡くなられた方の思いがどうだったのか,推測することになるでしょうが,ときにそれは困難な場合がありますし,残された者同士で考えが異なることもあり得ます。

 あらかじめ,遺言書でその思いを残すことで,残された者も,納得する形で,うまくまとめることができるはずです。

 一方,本来,渡されるべき遺産が少ないというのも,問題です。残された者の権利がある場合もあるのです。

​ このような場合,弁護士にご相談いただくのが最適です。

弁護士費用

●遺産分割

 遺留分侵害額請求

事件の経済的な利益の額が

・300万円以下の場合

 着手金:20万円(税込22万円)

 報酬金:20万円(税込22万円)

・300万円を超え3000万円以下の場合

 着手金:5%+9万円(税込5.5%+9.9万円)

 報酬金:10%+18万円(税込11%+19.8万円)

・3000万円を超え3億円以下の場合

 着手金:3%+69万円(税込3.3%+75.9万円)

 報酬金:6%+138万円(税込6.6%+151.8万円)

・3億円を超える場合

 着手金:2%+369万円(税込2.2%+405.9万円)

 報酬金:4%+738万円(税込4.4%+811.8万円)

*着手金の後払い可。

*事件内容により増減あり。

*別途実費

*調停の場合,着手金に20万円加算。裁判の場合30万円加算。

●遺言書作成

・20万円(税込22万円)

*別途,公正証書作成費用などの実費がかかります

●その他事件

・ご相談時に弁護士にお尋ねください。

*費用は税抜表記となっております。